ニュース

速報!!“クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2011”日本代表選手決まる(2010.3.25)

 2011年1月、フランス・リヨンで開催される“クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2011”に派遣する日本代表チームを選出するための日本予選決勝大会が開催され、代表選手が決まった。
 第1次審査(書類選考)を通過したA部門(アントルメ・ショコラと飴細工のピエスモンテ)12名、B部門(皿盛りデザートとチョコレートのピエスモンテ)12名、C部門(アントルメ・グラッセと氷彫刻)6名、計30名の選手が、3月18日、3月19日に、東京都世田谷区の日本菓子専門学校において実技を競い合い、別記のように代表選手が決まり、3月20日に東京・港区のフランス大使公邸にて表彰式が行われた。

●A部門(アントルメ・ショコラと飴細工のピエスモンテ)
 中山和大(マンダリンオリエンタル東京)

●B部門(皿盛りデザートとチョコレートのピエスモンテ)
 鍋田幸宏(レコールバンタン)

●C部門(アントルメ・グラッセと氷彫刻)
 垣本晃宏(アトリエアルション)

※ “クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2011”日本予選決勝大会の詳細は『ガトー誌』5月号に掲載される。

| BACK |